はじめまして愛していますの富田靖子がムカツク!笑顔の演技が怖い?

スポンサーリンク

「はじめまして、愛しています」第7話、衝撃的でしたね~。

なんとハジメ君と夫婦の仲が引き裂かれてしまったんです(涙)

そしてその仲を引き裂いたハジメの実のお祖母ちゃん役が富田靖子さん。この演技と役柄が「ムカつく!!!」と好評?なんです。

そんな富田靖子さん演じる祖母の怪演の評判をまとめました。

突然あらわれてハジメを奪った憎い祖母?

 梅田家に突然現れた黒川月子(富田靖子)は、美奈(尾野真千子)や信次(江口洋介)に断りもなく、いきなりハジメ(横山歩)を連れて帰ろうとする。美奈は混乱しつつも驚くハジメをかばいながら正々堂々と抗議。堂本真知(余貴美子)も手続き上の問題があるとして、月子の身勝手な振る舞いを押し留める。しかし、月子はハジメの出生届を提示すると、虐待の理由も告げずに速やかな引き取りを要求する…!
特別養子縁組制度では実の親が子どもを手放すことを拒否した場合、申請中の里親に抵抗するすべはない。美奈たちにとって唯一の望みは、実母による虐待の再発が危険視され、児童福祉法28条が適用された場合のみだ。ただし、その場合も、実名の判明に伴い二人が授けたハジメという名前は使えなくなってしまうという。
以来、美奈と信次にはただ祈るだけの日々が続く。ハジメが学校に入ったら、恋をしたら、結婚したら…ハジメの将来を想像し、親として成長を見届けたいと強く願う美奈と信次。そして、そんな二人の子どもでいられると信じているハジメ。果たして、3人にどんな運命が待ち受けているのか…

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/hajimemashite/story/0007/

実のお祖母ちゃんということでいきなり現れてハジメを連れていったのですが、その態度が上から目線だったり、病院経営でお金持ちなのをいいことにお金をちらつかせたりとイライラさせる態度なんです。

しかも最後にハジメと夫妻が分かれる時に「3分だけ話をさせてください」と御願いする夫妻に「30秒経過・・・」とカウントダウンする様も異様でエキセントリックで、その意地悪な感じにゾクゾクしました。

そんな黒川月子(富田靖子)に視聴者はイライラだったようです。

 

スポンサーリンク

 

視聴者のイライラの反応とは?

以下、ツイートです。

とりあえず富田靖子さんの役にかなりイライラ。呼び方にこだわったり3分きっちり計ったり。

 

富田靖子(の役に)ギャバンダイナミック喰らわしたい(-_-#)

 

本当に最近、富田靖子ってイライラする役が多いわ

 

堂本さんお願い!富田靖子さんをぶん殴ってやって!!だれか殴ってやってー!!!

 

富田靖子黙れーーーーーー! さあ、お前の罪を数えろ!

 

富田靖子のカウントアップが怖過ぎる

 

「1分経過」富田靖子ぉぉぉぉぉっ!!!

 

「1分経過」富田靖子婆さん 憎たらしいわ

 

富田靖子さん頭いかれてるよ!こんな奴に土下座なんてしなくていいよ!1分経過とかなんなの?!怒りしか感じない!

 

この富田靖子のやばさ滲み出てる感じな。悪役極めようとしてるんだろうか

相当皆さん、イライラしていますね!それだけ富田靖子さんの演技力が高いんだと思いますが、なんだか昼ドラにありがちなすごい役柄ですね(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です