家売るオンナ7話のネタバレ!白洲美加が初めて本気になった物件とは?

三軒家が天然で社員の心をつかんできている「家売るオンナ」。

第7話はいよいよイモト演じる白洲美加が改心する予感ですね。

そして感動の涙のシーンもありそう!そんな家売るオンナ第7話のあらすじのネタバレをご紹介します!

目次

家売るオンナ第7話のあらすじのネタバレは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/1269″]

ダメ社員・白洲美加(イモトアヤコ)の母・貴美子(原日出子)が新宿営業所に押しかける。夫の保(モロ師岡)が浮気したので離婚して家を売り払って欲しいと頼む貴美子だったが、美加は両親の離婚に猛反対。出戻ってきた父親と一緒にやり直して欲しいと頼むが、貴美子は聞く耳を持たない。騒ぎを聞いていた万智(北川景子)は老朽化の進んだ美加の実家を取り壊して、土地のみにして自分が売ると宣言。一方、屋代(仲村トオル)は得意先から娘のお見合い相手を紹介してほしいと頼まれ、庭野に見合いを持ちかける。図らずも万智に心惹かれる庭野は見合いを躊躇するが…。そんな中、美加の両親の離婚が成立。さらに、万智の手にかかり白洲家の取り壊しと土地の売却は目前に迫っていた。「両親が離婚してしまっても生まれ育った実家が取り壊されるのは耐えられない…」と家つきで土地を買ってくれる客を探し始める美加。初めて自分から家を売るための努力をする美加だったが、万智の前にあえなく敗退してしまう。そして、家の取り壊しの日、ダメ社員・美加がとんでもない事件を仕掛ける…!!

引用元:http://www.ntv.co.jp/ieuru/story/index.html

 

第7話は白洲美加の回でした。

それにしても白洲美加のお父さんクズでしたね(笑)不倫して、若い女のところに転がり込んだのに、1日で戻ってきて「やっぱりやり直したい。家はやっぱりいいな~って」(笑)

でも何歳になっても両親が離婚して更に実家がなくなるってショックですよね~。今回ばかりは白洲美加の気持ちわかります。

でもやっぱり朝からデザート食べたりそりゃ、三軒家さんに怒られるの当然ですよね・・・。

そんな白洲美加が初めて仕事を頑張ろうと思ったのは、自分の実家の取り壊しを阻止するために、家付きで販売すること。

嫌いなポスティングも他の社員を巻き込んで休日出勤までして頑張ります。

三軒家も仕事に熱意を見せた白洲美加は初めてということで、家付きで買ってくれる人を探すことを許すことに。

そんなに頑張った白洲美加でしたが、やはり古い家。家付きで買ってくれる人あ残念ながら見つかりませんでした。

 

 

庭野のお見合いは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/925″]

 

第7話のもう一つのメインは庭野のお見合いですね。

以下の記事に詳しく書いてありますが、三軒家のことが好きだけど、お見合い相手のことが好きになれば、三軒家のことが諦められると思った庭野はお見合いをすることに。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/1470″]

美人で料理ができるけど、お見合いでなかなか結婚が決まらなかった女性とは、超小声ちゃんでした。会話しっても何を言っているのかわからない変わった人。

そんな彼女とのお見合いデートでは庭野が三軒家から受けたお見合いのアドバイスで「自分の得意分野」と言われたので住宅展示場に。しかもその会社は「三菱地所」。さすが工藤さん出演Cmの企業名を出すなんて!

それで、結局悩んだ結果やっぱり三軒家のことが気になって仕方ない庭野はお見合いを断ることに。

しかし、その前に相手からお見合いを断わられていたのでした。

自分も断ったのに「納得いかない!どうして自分がダメだったのか!?」と屋代(仲村トオル)に理由をしつこく尋ねる庭野。

結構プライド高い奴なんだな(笑)

理由は以下の通り

「自分のことを自分と言う」

「ホテルでコーヒーと紅茶を一人で2つも注文した」

「ミルクティが来ないと催促した」

「住宅展示場に連れてきて知ったかぶりをしようとして失敗」

って細かっ(笑)

この性格がお見合いが今まで成立しなかった理由かよ!って感じですね。そしてをそれを聞いてへこんでいた庭野でした(笑)

 

実家に籠城した白洲美加に三軒家が言ったこととは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/1468″]

結局取り壊すことになった実家。最後のあがきで、家に籠城して取り壊しを阻止しようとしたシラスミカ。

そこで三軒家は金槌を持ち、窓ガラスを割ってシラス美加の元へ。

そして三軒家は自分が高校時代に家を失った話を聞かせる。そして家を失ったことで、逆に家に縛られ続けて家を売っている。それでもやっぱり家に縛られている。

そんな私みたいなってはいけない。この家を売れば、この家から解放されて、解き放たれる。

その方が幸せになれるし、両親も安心すると。

「白洲美加は私のようになってはいけない!!」と。

って正直あまり何を言っているのかわからなかったのですが(笑)

この言葉で、シラスミカは心を打たれて、家を壊すこと決めるのでした。

結局この回のオチは、離婚して家を売って、新しい小さい家に住んだ夫婦が、離れて暮らしてみて、仲良く食事をしたりする仲になって、めでたしめでたしっていう話でした。

お父さんとお母さんはお互いに離れているけれど、双眼鏡でお互いが見えるマンションに暮らしていました。これも三軒家さんの部屋の場所のチョイスで、お父さんはお母さんの家を監視していて、帰りが遅いと「なにやってたんだ!!」と怒るそう。

そしてお母さんもお父さんの洗濯の干し方を双眼鏡で見て注意したり。

ちなみに双眼鏡は2人に三軒家がプレゼントしたもの。

結局仲良くなって、今度は熱海の旅行に行く2人。「結婚したらこうはならなかったわ」とお母さん。三軒家さんはここまで見込んで家を売ったのでしょか?謎ですが、なんだかんだで売った人を今回も幸せにした三軒家さんでした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる