ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子のリッチマン殺人事件ネタバレは?

スポンサーリンク

毎回、グロテスクな殺人現場や描写シーンが話題の「ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子」。

今回話題になったのは、その部分だけじゃなくて、ネーミングでした。

題して「リッチマン殺人事件」。

「ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子」第6話このネーミングと事件の内容に視聴者大反応だったようです。ツイッターでの評判をまとめました。

また事件のネタバレもご紹介します!

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子第6話のあらすじは?

中島林遣都)の逮捕以来、元気がない比奈子波瑠)を厚田渡部篤郎)や倉島要潤)は心配するが、東海林横山裕)だけは比奈子の落ち込んだ表情を「うそくさい」と言い、どこか警戒している様子。そんななか、公園で他殺体が発見されたと通報が入る。見つかった遺体の口には大量の100円硬貨が詰め込まれ、解剖の結果、特殊な器具を使って、胃に到達するほどの量を無理やり流し込まれたことが分かる。また、遺体の指紋が焼かれ、所持品もなかったことから、厚田は身元の洗い出しと目撃情報の収集を指示。自らも比奈子と一緒に聞き込みへ向かう。すると、街中で転んで怪我をした老人・稲富信吾浜田晃)に出くわした2人。稲富を家まで送り届けると、そこは身寄りのない老人たちが共同生活を送るシェアハウスだった。

捜査が進展しないまま数日が経ち、再び口から大量の100円硬貨を流し込まれた遺体が発見される。一方、比奈子妙子原田美枝子)から、中島が『精神・神経研究センター』という施設に入所したことを聞く。表向きには人体に関する研究施設だが、実際には罪を犯した天才科学者や猟奇犯罪者の隔離矯正施設だという。

その頃、捜査に行き詰まり、いつものように情報屋の藤川不破万作)と接触した東海林だったが……。

引用元:http://www.ktv.jp/on/story/06.html

毎回ながら、かなりグロテスクで残虐的で、目を覆いたくなる現場でした(>_<)

お金を大量に口に入れられるなんて、気持ち悪すぎ・・・。

でもネーミングが微妙で、逆に笑ってしまいました。「リッチマン」って。

そんなネーミングに反応したのは、私だけじゃなかったようです。

 

スポンサーリンク

 

リッチマン殺人事件のネーミングの評判は?

以下、ツイートです。

たしかにリッチマンだー

 

リッチマン殺人事件で笑ってまう

 

リッチマン殺人事件(笑)

 

はるが出てるドラマ初めて見たんやけど「なんやこのドラマ〜すごいな〜…」と思って見てたけど「リッチマン殺人事件」で吹いたwwwwwwwww

 

リッチマンは小銭持ち歩かないでしょ 。。 でもお札?濡らして窒息くらいか。

 

わざわざ100万円ぶんの100円玉用意して胃に流し込むとか…1人100万でしょ…???そりゃリッチマン殺人事件とか名前つけられるわ

 

またひゃくまんえんちゃうん! ほんまに 「リッチマン殺人事件」やな。 こわいねんけど。。。

 

リッチマン殺人事件の死体いろんな意味でぐろいわぁwwwwwwwwwwwwwwwww

 

リッチマンというか、人間貯金箱殺人事件って感じだ

 

10円じゃなくて100円使うあたりすごくリッチマン…

 

リッチマンとかネーミングセンスェ…

 

リッチマン殺人事件(ダサい)

ネーミングがダサい!とか逆にカッコいいとか、いろいろでしたね。名前を聞いて笑ってしまった人が多いようです。

また本当にリッチだ!とか、逆に札じゃなくて、硬貨だからリッチじゃないじゃんっていうツッコミも(笑

 

リッチマン殺人事件のネタバレは?

事件を解決したのは、中島先生(林遣都)の助言によるものでした。

一見、猟奇的だけど、常識のある人による処刑としての殺人。

犯人は比奈子(波瑠)が捜査の過程で出会った男女老人たち4人でした。

みな、被害者に土地や家や会社を取られてしまった人たちで、その恨みを晴らすために、殺人を犯していました。

こんな老人たちが、連続殺人を犯せるなんてびっくり!?なネタバレでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です