パパとムスメの7日間【2007】キャストとネタバレを2022年版と比較!

TBSのドラマストリーム「パパとムスメの7日間(ぱぱとむすめのなのかかん)」が、2022年7月26日深夜24時58分からスタートします。

このドラマは、女子高生の娘とパパの人格が入れ替わってしまう事から始まるラブコメディです。

原作は五十嵐貴久さんの同名小説で、2007年にもTBS日曜劇場でドラマ化されたことでも知られる人気作品ですよね(^^♪

当時も人気だったガッキーこと新垣結衣(あらがきゆい)さんがヒロイン役を演じた作品でそのリメイクということで注目されています。

今回娘の川原小梅(かわはらこうめ)を演じるのは、飯沼愛(いいぬまあい)さんで、パパの川原 恭一郎(かわはらきょういちろう)は眞島秀和(ましまひでかず)さんです。

リメイク版のドラマが放送されるとなると、過去作品のキャストが誰だったか気になる方も多いのでは?

またどんなストーリー・ネタバレ結末だったのか?気になる人もいると思います。

今回は「パパとムスメの7日間」のキャスト俳優・女優陣を2007年の新垣結衣版と令和の2022年で比較紹介していきたいと思います。

また、新垣結衣さんが主演した2007年の結末ネタバレを最後にご紹介しているので、知りたくない人は閲覧注意です。

目次

パパとムスメの7日間は【2007年】のリメイク!新垣結衣など懐かしいキャスト陣

「パパとムスメの7日間」は、イマドキの女子高生・小梅が冴えないサラリーマンのパパ・恭一郎と事故に巻き込まれ、お互いの人格が入れ替わってしまうことからスタートするラブコメディです。

原作は五十嵐貴久さんの同名小説です。

以下第1話の公式のあらすじです。

青嵐高等学校に通う17歳の川原小梅 (飯沼愛) は、サッカー部の先輩の大杉健太 (長尾謙杜) に絶賛片想い中。受験の日、小梅が落とした受験票を拾って届けてくれたのがキッカケだった。その後、サッカー部のマネージャーで親友の中山律子 (小栗有以) から何かとアシストしてもらっているにも関わらず、健太先輩との距離は遠いまま…。
川原家はムスメの小梅、パパ・川原恭一郎 (眞島秀和)、ママ・川原理恵子 (羽田美智子) の3人家族。ここ数年、恭一郎が小梅に話しかけても避けられてしまい父娘関係はギクシャク。疎まれていると感じながらも父親としての沽券を守りたい恭一郎は、小梅が小声で放つ自分への苛立ちを聞こえないふりでやり過ごす日々を送っていた。

そんなある日、たまたま帰り道で一緒になった小梅と恭一郎。ちょうどその時、不慮の事故に遭遇し2人は救急車で病院へ…。そして小梅と恭一郎が目を覚ますと、なんと2人の人格が入れ替わっていた…! 状況が飲み込めず、パニック状態の小梅。一方、事故のことを知った健太は学校を飛び出していって… !?

引用元:公式サイト

ムスメの小梅は、大嫌いなパパ・恭一郎と事故がきっかけで人格が入れ替わってしまいます。

入れ替わった状態で暮らし始めるパパとムスメですが、小梅の憧れの健太先輩は、小梅より恭一郎の性格に惹かれていってしまう?

パパとムスメとカレとの三角関係も描かれるラブコメディが「パパとムスメの7日間」です(^^)/

そしてご存じの方も多いとは思いますが、この作品は2007年にもTBS日曜劇場でドラマ化されています。

そのときのパパとムスメは、舘ひろしさんと新垣結衣さんでした。

私も毎週楽しく見ていたんですが、舘ひろしさんの女子高生のキャピキャピした演技が本当に面白かったんですよね( *´艸`)

今回15年ぶりのリメイクとなった「パパとムスメの7日間」!

以降で、気になる新垣結衣版と令和版キャストを比較してご紹介していきます。

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較①川原小梅

キャスト情報引用元:公式サイト

まっすぐでイマドキな女子高生。片想いしている健太先輩のことが大好きだが、本人の前では本当の自分が出せずにいる。ある日大嫌いなパパ・恭一郎と事故に巻き込まれ、お互いの人格が入れ替わってしまい… !?

2022年:飯沼愛

飯沼愛さんは現在18歳。

TBSスター育成プロジェクト 『私が女優になる日_』 で約9,000人の中から初代グランプリに選ばれ、「この初恋はフィクションです」で主演を務め、今作が主演二作目となります。

 

 

2007年:新垣結衣

「ドラゴン桜」「コードブルー」「逃げるは恥だが役に立つ」など人気ドラマに多数出演している新垣結衣さん。

先日までは「鎌倉殿の13人」に出演しており八重さんの名前で親しまれていましたね。

「パパとムスメの7日間」放送当時は19歳でした!

 

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較②川原恭一郎

冴えないサラリーマンで、ちょっぴり頑固な性格。ここ数年は愛娘の小梅に避けられ、関係もギクシャクしている。ムスメを奪われたくないあまり、人格が入れ替わったのをいいことに、憧れの健太先輩との恋が実らないようにあの手この手で作戦を仕掛けていくが…

2022年:眞島秀和

「オッサンずラブ」「麒麟がくる」など人気ドラマに欠かせない俳優の眞島秀和さんは現在45歳です。

近年は「おじさんはかわいいものがお好き。」「居酒屋新幹線」などで主演も務めていますね。

 

2007年:舘ひろし

石原軍団の代表格で、「あぶない刑事」など数々の映画ドラマに主演する舘ひろしさん!

近年は映画「鋼の錬金術師」にも出演されていました。

「パパとムスメの7日間」放送当時は57歳でした。

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較③大杉健太

女子たちが憧れるサッカー部のエースストライカーで、学校イチの人気者。まじめで誠実、礼儀正しい好青年だが、サッカー一筋なあまり女性に不慣れで奥手な一面も。小梅と恭一郎の入れ替わりに気づかず、中身がパパの小梅にどんどん惹かれていく。

2022年:長尾謙杜

今最も注目されているジャニーズグループ「なにわ男子」のメンバー長尾謙杜さんは現在19歳です。

ドラマは「俺のスカート、どこ行った?」「となりのチカラ」などに出演されています。

 

2007年:加藤シゲアキ

ジャニーズのNEWSのメンバーで小説家としての一面も持つ加藤シゲアキさん。

最近では「二月の勝者」でカリスマ塾講師を演じていましたね。

「パパとムスメの7日間」放送当時は20歳でした。

 

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較④川原理恵子

川原家のママ。「毎日を明るく楽しく生きる」 をモットーに川原家を支える専業主婦。夫とムスメに常に愛情を注ぎながらも、入れ替わった2人に鋭いツッコミをいれてパパとムスメを冷や冷やさせる。

2022年:羽田美智子

現在53歳の羽田美智子さん!

「おかしな刑事シリーズ」「特捜9」など最近では刑事役が多い印象ですが、今回は明るいお母さん役です。

 

2007年:麻生祐未

「JINー仁ー」「とんび」「テセウスの船」「危険なビーナス」そして「パパとムスメの7日間」と日曜劇場に欠かせない存在と言ってもよい麻生祐未さん。

放送当時は43歳でした!

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較⑤中山律子

小梅の親友で幼なじみ。いつも明るく元気で友達も多い、クラスの一軍女子。小梅とは同じクラスで、サッカー部のマネージャーをしている。中学生の時に小関に一目惚れして猛プッシュし、付き合うことに。小関と一緒に小梅と健太の恋を応援している。

2022年:小栗有以

小栗有以はAKB48のメンバーで現在20歳です。

ドラマは「ADオグリの事件簿〜草津温泉ミステリー〜」や「教祖の娘」などに出演されています。

 

2007年:森田彩華

森田彩華さんはオスカープロモーション所属で、「麻婆豆腐の女房」「ダンドリ。」などのドラマに出演されていました。

2016年に事務所を辞めて芸能界を引退されています。

「パパとムスメの7日間」放送当時は18歳でした。

 

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較⑥古関智弘

健太の親友で同じサッカー部。中学生の時に律子からの猛プッシュをうけて付き合うことになったが、今ではすっかり律子の尻に敷かれている。時におせっかいをしながら、小梅と健太の距離を縮めようとする。

2022年:松本怜生

松本怜生さんは現在22歳で俳優モデルとして活躍されています。

ドラマは「不幸くんはキスするしかない!」などに出演されていました。

 

2007年:大和田健介

大和田健介さんは、大和田伸也さん五大路子さんの長男で俳優として活躍されています。

朝ドラ「おひさま」「花子とアン」などに出演。

「パパとムスメの7日間」放送当時は16歳でした。

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較⑦中嶋耕介

恭一郎の会社の部下。人懐っこい性格で世渡り上手な愛されキャラ。そんな人懐っこさから、パパと入れ替わった小梅にも舐められてしまい…

2022年:水間ロン

俳優の水間ロンさんは現在32歳です。

中国生まれで中国語も担当なので中国人役を演じることも多いようですね。

最近では「イチケイのカラス」「ネメシス」などに出演されていました。

 

2007年:八嶋智人

「HERO」「怪物くん」など人気ドラマに多数出演している八嶋智人さん。

現在放送中の「鎌倉殿の13人」では武田信義を演じています。

「パパとムスメの7日間」放送当時は36歳でした。

パパとムスメの7日間【2007】キャストを2022年版と比較⑧西野和香子

2022年:高木ひとみ〇

お笑い芸人「ぽんぽこ」のボケ担当・高木ひとみ〇さんは現在32歳!

「有吉ジャポンⅡ」などに出演し人気の芸人さんですが、テレビドラマの出演は今回が初めてです。

 

2007年:佐田真由美

モデル・女優の佐田真由美さん!

結婚されてお子様を生んで以降は、あまりドラマに出演されていないようですがモデルとして活躍されています。

「パパとムスメの7日間」放送当時は29歳でした。

パパとムスメの7日間【2007】のネタバレ結末は2人は元に戻る?

1話

第1話 マジ!?パパがあたしで、あたしがパパで−
恭一郎(舘ひろし)と高校2年生の娘・小梅(新垣結衣)はある日、急ブレーキをかけた電車から投げ出される。病院で目を覚ました恭一郎、なぜか隣には恭一郎の姿があった。

2話

第2話 パパのせいで失恋!? ムスメのせいでリストラ!?
小梅(新垣結衣)と体が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)。小梅が憧れていた健太先輩(加藤成亮)とデートすることになり…。

3話

第3話 パパのせいで留年!? ムスメのせいで夫婦の危機!?
小梅(新垣結衣)の姿をした恭一郎(舘ひろし)は、部下の和香子(佐田真由美)に相談を持ちかけられる。イタリアンレストランに向かう二人の姿は、まるで不倫カップルで…。

 

4話

第4話 決戦!ムスメの御前会議!!
恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は、心と身体が入れ替わったまま、御前会議と期末テストを迎えてしまった。テスト用紙を覗き込んだ小梅は…。

 

5話

第5話 「だって、あたし、小梅なんだもん!」 もう戻りたい7日目!嵐の告白!3者面談
妻の理恵子(麻生祐未)は、恭一郎(舘ひろし)が浮気しているのではないかと怪しむ。理恵子は中身が小梅(新垣結衣)の恭一郎に問いただす。

 

6話

第6話 「これで、もとに戻れる!!…かも?」 伝説の桃の秘密
恭一郎(舘ひろし)に思いを寄せる和香子(佐田真由美)が恭一郎の家に訪ねてきた。小梅(新垣結衣)の姿の恭一郎は話をはぐらかそうとするが…。

 

最終回 7話

第7話 「パパ、ありがとう…」 −7日間の秘密!
元に戻れるという伝説の桃を探しにやってきた恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)。苦労して見つけた桃を二人で食べたのだが元の姿には戻らず…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1873/

川原恭一郎は、大手化粧品会社である美生化粧品広報部副部長のサラリーマンで会社ではパッとしない窓際族。

娘の高校生の小梅からは、ここ2年ほど避けられ話しかけられなくなっていて寂しい日々。

そんな中、2人が一緒に乗っていた電車が事故にあい、小梅を必死に戻ろうとした恭一郎でしたが・・・病室で目を覚ました小梅と恭一郎。なんと2人は入れ替わってしまいます。

最初は嫌がっていた2人ですが、お互いの世界を経験することで、父親は子供にもいろいろな苦労があり、頑張っていること、そして娘は働く大人が苦労していることを知ります。

父親は娘と恋の相手との関係を壊そうと恋に嫌われると思われる行動をとってしまいますが、逆にそんなキャラクターが気に入られ、2人の恋愛がうまく行ったり、一方、娘も父親の職場で斬新な意見、アイデアを出し、仕事がうまくいきます。

そんな中、2人が入れ替われることができる!?「10年に一度しか実をつけない【伝説の桃】」を手に入れ、食べた2人ですが、何も変わらず落胆します。

このまま、入れ替わったままなのか?と思ったら、恭一郎のことが好きで恭一郎の妻と入れ替わろうともくろんでいた、恭一郎の部下の西野和香子が伝説の梅を手に入れます!

そこは、危険な山の中。西野和香子をもみ合いになった2人は、山から落ちそうになります。小梅を必死に守ろうとした恭一郎でしたが、2人はそのまま落下。

気付いたら・・・病室。

目を覚ました小梅は、なんと元に戻っていることに気づいて喜びますが、父親は危険な状態だと聞かされますが、無事に復活!

でもなぜ、元に戻ったのか?伝説の桃は食べるだけではダメで、相手のころを守ろうとした時に、入れ替わることができる。そして、また入れ替わった後、7日間は、2人は仲良くしないと元に戻ってしまうと、祖母に聞かされる2人。

2人・・・というか小梅はしぶしぶ仲良く過ごすように。

元に戻ると、小梅は恋の相手である大杉健太とうまくいき、恭一郎も新たな部署の部長に抜擢!

そして7日間がすぎ・・・2人は元に戻らずにいました。恭一郎は、7日たったので、小梅がもう冷たくなってしまうのか?とがっかりしていましたが、小梅は、そんな父親に「仕事のこと相談してくれたら話を聞くから」と歩み寄っていくのでした。

最終回は元に戻り、小梅は先輩との恋がうまく行き、恭一郎は仕事がうまく行く、ハッピーエンドでした。

パパとムスメの7日間【2007】キャストとネタバレを比較まとめ!

今回は「パパとムスメの7日間」のキャストを比較してご紹介しました。

令和版でパパとムスメを演じるのは、眞島秀和さんと飯沼愛さん。

2007年版では、舘ひろしさん新垣結衣さんが演じていました。

前作は「パパ」が主人公でしたが、令和版は「ムスメ」が主人公で、恋愛要素がより濃いめなストーリーになりそうな印象です(^^♪

そんな「パパとムスメの7日間」は7月26日深夜24時58分スタートです。

新垣結衣さんバージョンを見ていない方も、見ていた方も楽しめる作品となりそうですので是非お見逃しなく!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる