石子と羽男エンディング主題歌はRADWIMPSの人間ごっこ!

有村架純さん、中村倫也さん主演TBS金曜ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?-(いしことはねお そんなことでうったえます)」が2022年7月15日夜10時からスタートします。

このドラマは、司法試験に落ちまくる崖っぷちパラリーガルの石子(いしこ)と、高卒弁護士の羽男(はねお)のコンビが様々なトラブルに立ち向かっていく異色のリーガルエンターテイメントです。

当初は7月8日スタートだったのですが、特別番組放送のため第1話の放送が延期となり、放送を待ちわびていた皆さんも多かったと思います。

新しいドラマスタートとなると皆さん、主題歌は誰が担当するのか?気になる方も多いのではないでしょうか?

「石子と羽男」のエンディング主題歌はRADWIMPS(ラッドウィンプス)の「人間ごっこ(にんげんごっこ)」です。

今回は「石子と羽男」のエンディング主題歌の曲「人間ごっこ」の配信日や楽曲提供するRADWIMPSについてご紹介します。

目次

石子と羽男エンディング主題歌はRADWIMPSの人間ごっこ!気にになる配信日は?

【石子と羽男】ネタバレ!原作あらすじと脚本家と二転三転のストーリーも

「石子と羽男」のエンディング主題歌はRADWIMPSの「人間ごっこ」です。

気になる配信日ですが、2022年7月22日(金)0時から配信されることが公式で明らかにされています。

実はこのドラマ、当初は7月8日スタートだったのですが、安倍元首相がお亡くなりになり特別番組が放送されたため第1話は延期になりました。

石子と羽男7月8日の初回1話が延期!いつ放送?

それに伴って、主題歌の配信日も当初は7月15日だったのですが、一週間延期となったんですよね。

気になる楽曲は第1話で初披露となりますので今しばらくお待ちください!

そして、これまで数々の楽曲を世に出してきたRADWIMPSですが、連ドラの主題歌を書き下ろすのは、長いバンド活動の中でも以外にも初めてなんだそう。

ボーカルの野田洋次郎さんは、今回の楽曲提供に際して、TBS公式サイトで以下のようにコメントを出されていました。

このドラマは爽快で明るくテンポ感のある作品でありながら、今の時代の現実もしっかりと映す役割を果たしたいというお話を塚原監督との打ち合わせでお聞きしました。
現実に今日本で起きている裁判などの話を聞き、それを頭で反芻する中で歌詞の断片を紡いでいきました。
この曲がドラマ『石子と羽男』と一緒に育っていってもらえたら幸せです。
音楽的にもふんだんに挑戦をさせてもらいました。是非週末の入り口に、頭をブンブン振りながら気持ちよく聞いてもらえたらと思います。

引用元:公式サイト

「頭をブンブン振りながら」という事は、かなりロックテイストが強い曲調なんでしょうか!

週末の始まりの夜、元気にさせてくれる楽曲になりそうな気がして期待が高まります(^^♪

それでは以降で、気になる「RADWIMPS」というアーティストについてご紹介していきます!

石子と羽男エンディング主題歌を手掛けるRADWIMPSとは?

RADWIMPSは、ボーカル・ギター・ピアノの野田洋次郎(のだようじろう)さん、ギターの桑原彰(くわはらあきら)さん、ベースの武田祐介(たけだゆうすけ)さん、ドラムスの山口智史(やまぐちさとし)さんにより、2001年に結成されたバンドです。

2005年に『25コ目の染色体』でメジャーデビューを果たし、その後も多数のシングルを発売。

2015年より山口智史さんが持病の悪化により休養に入るも、海外ツアーを行うなど活動の幅を広げます。

そして2016年に長編アニメーション映画『君の名は。』のメインテーマ「前前前世」が大ヒットして知名度を高めました。

2019年にはアニメーション映画「天気の子」の楽曲も担当されました。

メジャーデビュー15周年を迎えた2020年11月には「15th Anniversary Special Concert」を開催!

2021年には東日本大震災の被災地への思いを込めたコンセプトアルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』をリリースし話題になりました。

この年の3月に放送されたNHK特集ドラマ「あなたのそばで明日が笑う」の主題歌「かくれんぼ」も提供されていましたね。

「うたかた歌」は映画「キネマの神様」の主題歌に起用されています。

主演の菅田将暉さんとのコラボも話題になりました!

2022年は「うるうびと」が映画「余命10年」の主題歌になりましたよね(^^♪
そしてボーカルの野田洋次郎さんは俳優としても最近は活躍されています。
ドラマ初出演でなんと主演を務めているんです。
2017年放送の「100万円の女たち」でしたね。

そして朝ドラ「エール」では、作曲家の木枯正人を演じていたのが思い出されますね。

この役のモデルは作曲家の古賀政男さんだったそうですよ!

RADWIMPSがエンディングを盛り上げる石子と羽男の気になるストーリーは?

石子と羽男1話キャスト!沢村役の小関裕太など

それではRADWIMPSが主題歌を担当するドラマ「石子と羽男」の気になるストーリーをここでご紹介します!

石子(有村架純)は父・綿郎(さだまさし)が営む「潮法律事務所」で働くパラリーガル。

ある日、ぎっくり腰になった父の代理でやって来た弁護士の羽男(中村倫也)が、依頼人に対して強気な発言と独特のテンションで接する様子をみた石子は「依頼人から訴えられるのでは?」と不安を覚える。
「二度と会うことはない」と思った矢先、羽男が綿郎の采配で「潮法律事務所」に採用されたことを知る。

そんな中、羽男に相談の依頼が入った。カフェで携帯電話を充電していたら、店から訴えられたという会社員・大庭蒼生(赤楚衛二)の話を聞き、石子と羽男はカフェを訪れる。意気揚々と店長(田中要次)と対面した羽男だったが…

引用元:公式サイト

「石子と羽男」は、東大卒の崖っぷちパラリーガル石子(有村架純)と、司法試験に一発合格した高卒の弁護士・羽男(中村倫也)が、珍トラブルに挑んでいく異色のリーガルエンターテイメントです。
互いにコンプレックスを持つこじらせた二人が、ひょんな出会いからコンビを組んで、様ざまな問題に立ち向かっていくようです。
第1話で依頼人として登場するのは、今注目の若手俳優の赤楚衛二さんです。

石子と羽男で大庭蒼生【おおば】役は赤楚衛二!レギュラー出演なの?

なんとカフェで携帯の充電をしていたら訴えられてしまうという(^^;)
明日は我が身かも?と思うとちょっと怖いですよね。
果たして、石子と羽男は赤楚衛二さん演じる大庭蒼生(おおばあお)を助けることができるでしょうか?
そして第1話だけのゲストなのかと思いきや、赤楚衛二さん演じる大庭は「今後のキーパーソンになる」と公式で書かれていたので、おそらくレギュラーとして登場してくれるのだと思います。
第2話以降も、イッセー尾形さん、宮野真守さん、木村佳乃さんと豪華ゲストが続々登場するらしいのでご期待ください!

石子と羽男エンディング主題歌はRADWIMPSの人間ごっこまとめ

今回は「石子と羽男」のエンディング主題歌「人間ごっこ」の配信日や、楽曲提供するRADWIMPSについて紹介しました。
主題歌はドラマ放送の一週間後、7月22日(金)0時から配信予定です!
そしてドラマの7月15日初回放送で楽曲は初解禁されます。
リーガルエンターテイメント「石子と羽男」のエンディングを壮大に盛り上げてくれる楽曲になりそうです。
ドラマの内容もさることながら、RADWIMPSの主題歌「人間ごっこ」にも注目してお楽しみください(^^♪
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる