せいせいするほど愛してる6話のネタバレは木南晴夏のこの泥棒猫が衝撃?

スポンサーリンク

タッキーこと滝沢秀明さんと武井咲さん主演の純愛?不倫がテーマの火曜ドラマ「せいせいするほど愛している」。

イケメン宮沢の存在も視聴者をキュンキュンさせているようですね。

盛り上がってきた第6話も波乱の予感です。なんとあの女優さんが、あの台詞を!

そしてジミーチュウの宮沢との関係も急展開!?そんな第6話のあらすじのネタバレをご紹介します。

せいせいするほど愛してる第6話のあらすじのネタバレとは?

海里(滝沢秀明)とのプライベートでのツーショット写真を盗撮された未亜(武井咲)。
ティファニージャパン社長・嘉次(松平健)にその写真を突きつけられ、
海里を守るため、とっさに宮沢(中村蒼)と婚約していると嘘をつく。
周りは祝福ムードだが、未亜と海里は以前よりも更に人目を忍ばねばならなくなってしまう。
さらに未亜に大阪転勤の話が持ち上がりーーー?

そんなある日、未亜の母・鈴子(小林幸子)が未亜・あかり(水沢エレナ)・千明(トリンドル玲奈)の住むシェアハウスを訪れる。
どうやら、未亜にお見合い話を持ちかけにきたようだが、未亜は結婚だけが女の幸せではないと反発する。
娘想いの鈴子が未亜に語る、「運命の人」とは?

引用元:http://www.tbs.co.jp/seiseisuruhodo_love/story/

武井咲のお母さん役が小林幸子って衝撃的なキャスティングですね(笑)

思ったより地味になっていて、きちんと女優さんしていて、ドラマにちゃんと溶け込んでました。

そんな小林幸子さんの好演が光った6話でした。

 

スポンサーリンク

 

不倫を疑われ婚約者といきなり宮沢を紹介!

5話のラストで未亜と海里の不倫を社長に疑われた未亜。

そのピンチを逃れるために自分のことを好きなジミーチューの宮沢のことを「婚約者」だと嘘ついた未亜。

結局いつもやさしい宮沢が機転をきかせて、嘘ついてくれてその場はうまく収まったけど・・・宮沢が好きな気持ちを利用してヒドイ女だ。

そしてその後、会社や周囲に宮沢と婚約していると勘違いされてしまって、婚約お祝いをしようと言われる始末。

そして上京してきたお母さんとも婚約者としてお食事をする宮沢。でも正直に「未亜さんに振られてしまったけれど、諦めません!!」と爽やかに言ってしまう宮沢。どこまでステキな男子なの!!!

また、婚約者のふりをしてあげたお詫びにと宮沢が御願いして、デートをする2人。デートシーンも良かったですね♪

なんだか海里がしょぼく見えてしまうほど、毎回毎回素敵になっていく宮沢に更にキュンキュンの6話でした。

 

義理橋本マナミの謎とは?

毎回怪しい行動で「この人なんなの???」と思っていた海里の義姉。最初はただの妹思いで海里と未亜のことを監視していたのかと思ったら、違う理由があることが発覚。

海里の父(松平健)が調べさせたところ、妹の三好優香の名前で自分の経営するブティックのための、借金をたくさんしているという。妹名義って恐ろしい姉!?

何かあったら、金持ち海里家族に払わせるってことでしょうか???ただ、まだどういう理由で何をしているのかが明確になっていないので、今後解明されると思います。

 

この泥棒猫!が衝撃的で笑った?

タッキーの妻三好優香役の女優木南晴夏さんから衝撃の一言が「この、泥棒猫!」っていつの時代のドラマの台詞でしょうか(笑)

昏睡状態から目覚めた途端、絶好調ですね~!

しかも木南さんが演技派なので、熱演ぶりに逆に笑ってしまいました。

古すぎるし、今時こんな使い古された台詞女優さんに言わせる(^_^;)ちょっとびっくりだけど、この昼ドラ感たっぷりの展開と台詞がこのドラマの魅力なんですよね~。

タッキーも武井咲さんも、さんざん恥ずかしい台詞たくさん言わされてますし(笑)

きっとそういうツッコミがされるということを狙っていて、確信犯的に思わず笑ってしまうセリフをぶっこんできてる気がします。

優香は、事故の前の記憶があって、わざと気づいていないふりをしていると思っていましたが、6話を見た限りだと、おそらく本当に記憶がないのかもしれませんね。

 

ラストの宮沢に更にキュンーーーー!!!

6話のラストシーンでは、三好優香と義理姉(橋本マナミ)が海里と未亜が2人でいるところに突撃。また宮沢と本当に婚約していると勘違いした義理姉が「あなたがアバズレってことを(宮沢)に知って欲しくて」と宮沢をその場に呼び出した上で、未亜に「この泥棒ねこ!!!!」と超修羅場。

思わず逃げだす未亜の後を追いかけた宮沢は後ろから抱きしめて「俺がずっと未亜のそばにおるから!! 好きや!!…めっちゃ好きやねん!!」と力強く言うのでした!ってキューーーンでしょう。なにこれ!!!

もう宮沢にしちゃえよ!!未亜のばかーー!と誰もが思ったラストシーンでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です