前田敦子の演技は下手なのか上手くなったのか評価は?出演ドラマ一覧も

スポンサーリンク

2017年新ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』に前田敦子さんが富川家の長女・栞役で出演されます。

そこで、前田敦子さんの演技力の評価や過去の出演ドラマのまとめをしていきます。

 

 

前田敦子のプロフィールとは?

就活家族で国原耕太役の新井浩文って結婚してる?出演ドラマについても
2017年1月12日から放送開始予定のドラマ「就活家族」で『国原就活塾』塾長の国原耕太(くにはらこうた)を新井浩文(あらいひろふみ)さ...

名前:前田 敦子(まえだ あつこ)

生年月日:1991710

出身地:千葉県

血液型:A

サイズ:T161cmB76cmW60cmH83cmS22cm

所属事務所:太田プロダクション

参照元 http://www.atsuko-maeda.com/index.html

ご存じの方も多いかと思われますが、前田敦子さんは元AKB48のメンバーで絶対的センターと言われていました。

AKB選抜総選挙で1位に選ばれた時の「私のことは嫌いになっても、AKBのことは嫌いにならないでください」の言葉は非常に有名で、最早独り歩きしてしまっていますね(笑)

 

2012年に惜しまれつつもAKB48を卒業し、ソロとしての音楽活動と女優業に拠点をおいて活動されています。

そんな前田敦子さんですが、女優としてのデビューはまだAKB48に在籍中の2006年のドラマ『ですよねぇ。』AKB48役で出演。翌2007年には、映画『あしたの私のつくり方』で花田日南子役として銀幕デビューを果たしています。

 

前田敦子の過去の出演ドラマとは?

水原希子の演技って下手なの?上手いのか評価まとめと過去の出演ドラマは?
関西テレビ(フジテレビ)の2017年1月スタートの新ドラマ『嘘の戦争』にヒロイン・十倉ハルカ役で出演する水原希子さん。 ファッショ...

では、過去の出演ドラマを見ていきましょう。

2006年:TBS『ですよねぇ。』AKB48役 ドラマ初出演

2007年:関西テレビ『スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~』黒田比奈子役

2008年:フジテレビ『太陽と海の教室』船木真由役

2010年:テレビ東京『マジすか学園』主演・前田敦子役

2010年:NHK大河ドラマ『龍馬伝』#10#46坂本春猪役

2010年:日本テレビ『Q10Q10・久戸花恋役

2011年:テレビ東京『マジすか学園2』主演・前田敦子役

2011年:フジテレビ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』主演・芦屋瑞稀役

2012年:TBS『最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~』井原晴香役

2013年:関西テレビ『幽かな彼女』河合千穂役

2013年:NHK『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』主演・お七役

2015年:日本テレビ『ど根性ガエル』ヒロイン・京子役

2016年:TBS『毒島ゆりこのせきらら日記』主演・毒島ゆりこ

 

やはり前田敦子さんといえば最初に跳ねたのは『イケ☆パラ2011でしょうか?男装のあっちゃんが話題になりました。2011年といえば映画『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で映画初主演を務めたことでも話題になり、女優として飛躍した年とも言えるでしょう。

その後は、主演やヒロインで起用されることも増え、アイドルから女優へとイメージチェンジしていきました。

 

特に、2015年の『ど根性ガエル』ではヒロインの京子を演じ、主演の松山ケンイチさんやぴょん吉の声を担当した満島ひかりさん、五郎役の勝地涼さん、ゴリライモ役の新井浩文さんとの絶妙な掛け合いが自然体で良かったと思います。

 

やはり…個人的には『マジすか学園』の時のヤンキーあっちゃんは捨てられないですが・・・あのドラマは主演の演技が求められるようなドラマではないように思いますし、単純にAKBグループの紹介ドラマみたいだったので、あまり深くは語らずに置いておこうと思います(笑)

 

前田敦子の演技の評価とは?

 

スポンサーリンク

 

ではでは、そんな前田敦子さんの演技の評判を見てみましょう。

「前田敦子演技上手いだろ」

「就活家族とか宣伝してるけど、絶対面白くないでしょ!前田敦子出てる時点で…()AKBのセンターだったってだけで可愛くないし、演技ヘタじゃん!」

「女優としての前田敦子は偉大。彼女の演技力は日本の若手女優の中では頭一つ抜けている。ただ、評価されにくいタイプでもある。」

「新ドラマで前田敦子出るでしょ? 女優は辞めた方がいいと思うなー」

「素の自分は嫌われても構わないのに 演技してる自分は嫌わないで欲しいって言う前田敦子ちゃんすこかわかっこいいぜ」

「前田敦子の演技を観て、下手だと思っている人は、何か感性が欠落していると思ったほうが良いレベル。 確かにまだまだ欠点はあるが、多彩な表情で魅せてくれる演技は何ものにも代えがたい。」

NHK落語THE MOVIE 再放送といえど、新春スペシャルだから、前田敦子の花魁演技、評価激上げだね。 確かにこの敦子様は無敵。」

「前田敦子の演技下手なとこがいいw

「前田敦子ちゃんは演技が下手くそだと思い込んでたから考えを改めなおした。ほかの映画も見てみたい」

「前田敦子さんの花魁、声の演技がない分、いっそう表情のこまやかさが際立ってたと思う。表情筋のあんな多彩な動き、やろうと思ってもなかなかできるものじゃないぞと素人ながらに! 目線が線対称に往復するとこ、すごい。眉仕草も艶めかしく、品のある唇の動きとかにも、もーほれぼれ(*´Д)

「前田敦子。彼女の真骨頂である素なの何なのかよく分からない自然な感じが満載で、義母もたいまさことの絡みが秀逸でした。」

 

私の記憶が正しければ…少し前まで「前田敦子 演技下手」というコメントが多かったように思います。

 

しかし、最近になって世間の皆様の認識が変わってきたようです。その要因の1つが、新春スペシャルで再放送された『落語THEMOVIE(お見立て)』での演技でした。「お見立て」では落語家の語りに合わせた再現VTRで、花魁に扮したあっちゃんがクチパクと顔の表情、身振り手振りで台詞に合わせるといった物だったのですが、その演技に絶賛の声が上がっています。

ほかにも、映画『モヒカン故郷に帰る』での演技にも高評価を出している方も多いので、確実に演技力が増したと考えて良いのではないでしょうか。

ただ、個人的に思うことは、ソロで活動するようになってからちょっと過激すぎるのではないか?という疑念もあります。

ドラマ『毒島ゆりこのせきらら日記』しかり映画『イニシエーション・ラブ』、映画『さよなら歌舞伎町』など、性にだらしない女性の役が非常に多いです。しかも妙に生々しくて、元アイドルがソコまでしなくても良いんじゃないかという気持ちになります。

アイドル時に恋愛禁止だったため、ソロになって直ぐにフライデーされたり私生活も荒れているように思えてしまう中、濡れ場の多い役は…正直ドン引きしました。

無理に演技派を気取らずに自然体で頑張ってほしいですね。

 

まとめ

 

今回、新ドラマ『就活家族』に出演されるということで前田敦子さんの演技の評価についてまとめてきましたが、世間の評価が上がっている今だからこそ大事に演技で見せてほしいと思います。

『就活家族』の放送は、2017112日(木)よる9時スタートです。お見逃しなく!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です