HOPE第2話の感想!プレゼン突破の鍵はスーツで感動?

スポンサーリンク

プレゼンの結果が気になる「HOPE期待ゼロの新入社員~」第2話。

第2話のプレゼンは、どんな結果だったのか?そして感想をまとめてみました!

また涙してしまった人多数だったようですね。

HOPE期待ゼロの新入社員~第2話の感想とは?

HOPEが低視聴率の理由は?仰げば尊しと比べてつまらない?
初回平均視聴率がすごーく低く、予想通り(!?)惨敗となってしまった日曜フジテレビの新ドラマ「HOPE 期待ゼロの新入社員」。 でも...

与一物産のインターン採用試験を受けている一ノ瀬歩(中島裕翔)は、最終日に行われるプレゼン試験に向けて、人見将吾(桐山照史)とパートナーを組んだ。人見は、プレゼンのテーマを『文化と貿易』に決めると、資料作りを歩に一任する。

そんな折、営業3課長の織田勇仁(遠藤憲一)は、大手スーパーチェーンの社長・宮脇和久(温水洋一)との商談に歩を同席させる。宮脇の会社は、自社ブランドのインスタントラーメンを作るにあたってタイに工場を建設するため、共同出資してくれる商社を探していた。実は織田と宮脇は中学校時代の同級生だという。宮脇は、与一物産が今回のケースと似た案件に共同出資した際の参考資料を織田から受け取ると、前の打ち合わせが長引いているから待っていてほしい、と言って一旦退席する。だが、1時間ほど経ってから戻ってくると、次の約束があるからまた連絡する、と織田の話も聞かずに帰してしまう。

 

一方、インターンの桐明真司(瀬戸康史)香月あかね(山本美月)らは、プレゼン試験に向けて着々と準備を進めていた。歩も人見とともにプレゼンの練習を続けていたが、ある出来事がきっかけで人見と衝突してしまい…。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/hope/story/index.html

 

最初は温水洋一と桐山照史にイライラ?

HOPEで主演中島裕翔の演技力の評判とは?上手で泣ける?
残念ながら、第一話は非常に低い視聴率を出してしまった新ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」。 ではこのドラマの主演中島裕翔さ...

第2話は最初はちょっとイライラしてしまった回でした。

ますぬっくんこと温水洋一演じる取引先の社長。遠藤憲一さん演じる織田とは同級生ということで、商談の約束を取り付けたけど、すごいゾンザイな扱い。ひどい偉そうな態度。いくら社長だからって、そんな態度してたら、他の仕事だってうまくいかなくなるんじゃない???とイライラ。

仲の良かった友達からヒドイ扱いを受けて、ショックを受けて酔っ払ってしまった上司の織田さんとってもかわいそうなシーンでした。

でもこういうやり取りを通して、一之瀬君は成長していくんだろうな~と思ったシーンでもありましたが。

そしてプレゼン準備では、最初はいまいち、桐山照史さん演じる人見の考えていることがわかりませんでしたが、一ノ瀬を選んだ理由はやっぱり静かで目立たなくて、言うことを聞くからって感じだったようで、ちょっとイライラ。そして、プレゼンの準備を全部一之瀬君のやらせて、更にイラッとしてしまいました。

そして、プレゼンの前日には、一ノ瀬がお母さんからもらった大切なスーツを「ダサい」と言って、新しいスーツをプレゼンのためにプレゼント。これは悪気はないんだけど、さすがに怒った一之瀬。そりゃ怒るよね。。

普通のスーツはサラリーマンの個性を殺しているからおしゃれスーツをこだわって着る人見。そんな彼と喧嘩したままプレゼン当日を迎えました。

 

スポンサーリンク

 

プレゼン当日の結果とは?

HOPE の感想と評判は面白いし泣いた?嫌がらせがムカツク?
「OUR HOUSE」の大失敗である意味話題の日曜フジテレビ枠の新ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」。 ドラマの評判はどうだったの...

ちなみに一之瀬君が人見をプレゼン相手に選んだ理由はプレゼン発表をする能力が高いから。なので、結果一之瀬君がプレゼン準備を全部するのはしょうがないのかな???と思うふしも。

2人のうち、どちらかがプレゼン発表を担当するのですが、それを人見担当しました。

しかし、エラそうに、自信満々だった人見が当日、緊張のあまり、喋れなくなり、固まってしまいます。

そこで一之瀬君「僕が代わりに発表します!」登場!もしやこの流れは、一之瀬が完璧にプレゼンをして成功!って感じ?と思ったら、違ったんですね。ここが普通のドラマと違って良い流だと思いました。

一之瀬は変わってプレゼン発表をするものの、棒読みでとても立派なプレゼンとは言えない内容でした。そんな一之瀬を見て、緊張がほぐれた人見がプレゼンを続行することになり、見事成功!

ワザとではないけれど、一之瀬の天然の行動が人見を奮起させたんですね。

でもここで終わりかと思いきや、専務(風間守夫)から「(人見)に売りたい商品はありますか?」という質問。この質問に悩みながらも「スーツ」と答える一ノ瀬君。

このスピーチが感動でした。涙しそうに。

仕事はみんなで、助け合っていくもの。「スーツは個性を殺すものじゃなくて、仲間の証しだからプレゼントしたい!」と仕事について熱く語り、見事プレゼン合格!

晴れて本社勤務になりました。

もちろん、人見も一緒に。めでたしめでたしですね。

ただ、まだまだこれから、もっと困難が襲ってくるって感じだと思います。

初回もそうでしたが、明日仕事頑張ろう!って思える。そんな爽やかなお仕事ドラマって感じですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です