べっぴんさんで大急百貨店社長大島のモデルは清水雅!阪急百貨店初代社長

スポンサーリンク

いよいよ百貨店での転機事業が始まる「べっぴんさん」。

この中でヒロインすみれたちに大きな影響を与える人物大急百貨店(だいきゅうひゃっかてん)社長大島保。

伊武雅刀さんが貫禄ある演技で魅せてくれていますね。この社長大島にもモデルはいるんです。それは阪急百貨店初代社長の清水雅です。

今日は、そんな清水雅についてまとめてみました!

ファミリアを最初に見出した先見の目を持つ人物

伊武雅刀のがんの噂は本当なの?YouTubeの子供の歌が話題になってる?
2016年10月から放送開始されている朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」。 第9週を迎えて新たな登場人物も加わり、盛り上がりえを見せ...

「べっぴんさん」で「キアリス」のモデルとなったのは「ファミリア」という洋服ブランドです。

以下に「ファミリア」についてまとめてあります。

朝ドラ べっぴんさん はファミリアがモデル?どんな子供服ブランドなの?
「とと姉ちゃん」ロスの人に待望のNHK朝ドラが始まりました。子供服ブランド創業者の一人の女性をヒロインのモデルにした「べっぴんさん...

このファミリアを最初に見出して、阪急百貨店への出店を打診したのが清水雅(しみずまさし)社長。そう、朝ドラではかなり忠実に描かれていて、史実通りのストーリーとなってるんです。

創業したばかりのファミリアが発展する過程ではなくてらならないキーパーソンとなった人物です。

 

清水雅とはどんな人物?

スポンサーリンク

清水雅は昭和34年(1901年)に大阪の実業家清水栄次郎の次男として誕生しました。

まあ、生粋のお金持ちのお坊ちゃまですね。

雅の母親の教育方針で小学生のころから週に1回英語を習っていました。

その甲斐があったのか慶應義塾大学理財科を卒業した後はドイツやアメリカへと留学し、視野を広げていきました。このことで、当時としては珍しいグローバルな視点ができたのかもしれません。

そして留学帰国後に、雅の父親が阪急電鉄の監査役を務めていたことから、阪急グループ創業者の小林十三から誘われて、阪急電鉄に就職します。

この時、銀行からの内定を蹴ったと言われています。

銀行から内定をもらっていたとは、本当に優秀な人物だったことがわかりますね。

そして、頭の回転の良さと、人好きする性格から、またたくまに出世していく雅でした。

昭和12年に日中戦争が始まると、中国には日本の占領都市が増えてきました。

当時阪急百貨店の事業部長だった雅は中国の天津へ渡って「阪急洋行」の設立に尽力しました。そして第二次世界大戦が終ると昭和22年に阪急百貨店の社長に就任することとなります。

 

ファミリアと清水との出会い

ぺっぴんさんで明美が結婚するのは武?生涯独身かモデルの史実からネタバレ
ベビーショップ事業が本格的に始動して面白くなってきた、朝ドラ「べっぴんさん」。 その中で話題になっているのが、谷村美月さん演...

昭和25年、ファミリアがレナウンサービスステーション跡で開店して間もなく、たまたま妻と通りかかった清水は視察もかねてお店に入ります。

そこに並んでいた商品がとても面白く、将来性を感じた清水。ふらっと立ち寄った店で、そこまで感じるとは、さすが、先見の目があった人物だったことがわかりますね。

すぐにファミリアから商品の仕入れを指示したそうです。

それから、ご存じ「べっぴんさん」でも描かれていますが紆余曲折ありましたが(笑)このことをきっかけに、阪急百貨店のとファミリアは強く結びついて行くのでした。

雅はその後、小林一三とsの息子冨佐雄の相次ぐ死を受けて阪急百貨店会長、阪急電鉄会長、東宝社長、会長を歴任し、東宝の再建にも尽力しました。

すごい名前ばかり・・・本当に清水さんってすごい人なんですね~。

清水さんはその生涯を阪急グループの発展に捧げる大番頭となったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です