相棒15第8話のネタバレと感想は鶴田真由が久しぶり?中学校教師役は志保!

スポンサーリンク

第7話は第2子出産後のドラマ初出演の安達祐実さんの出演で盛り上がったドラマ「相棒」season15。

第8話はこちらも最近昔ほどあまり見かけない女優さん鶴田真由がゲストキャストとして登場する「100%の女」。

楽しみですね!そんな「相棒15」第8話のあらすじのネタバレと感想をまとめていきます!

相棒15第8話のあらすじのネタバレは?

相棒15第7話のネタバレと感想!安達祐実演じる母親役がかわいそすぎる?
ゲスト女優の安達祐実さんと木下あゆ美さんが誘拐される子供の母親役で出演することが話題の相棒Season15第7話。 右京さんが事件を...

2か月前、外務省欧州第一局長の棚橋(窪園純一)が、都内の公園で刺殺される事件が発生。事件の背景に国際問題が絡んでいる可能性があることから、警察は慎重に捜査を開始していた。そんな中、公園近くの中学校で教師をする田村紗季(志保)が、犯人らしき人物を目撃したと名乗り出る。証言によると、目撃したのは棚橋と同じ外務省に勤める中嶋(松下哲)という男で、同僚らによると棚橋と中嶋は事あるごとに職務上で衝突していたらしい。検察は、これらの状況を加味して、被疑者否認のまま中嶋を起訴。裁判員裁判が行われることになった。中嶋を厳しく追及するのは、負け知らずの有罪率で、周囲から「100%の女」と評される検事の倉田映子(鶴田真由)。亘(反町隆史)が法務省時代に研修で一緒になり、現在は「勝てない事件は不起訴にして有罪率を高めている」との批判もある検察のあり方を変えようと取り組んでいる女性だった。しかし、裁判を傍聴していた亘は、紗季が目撃証言を微妙に変えていることに引っ掛かる。亘から話を聞いた右京(水谷豊)が捜査に乗り出すと、次席検事のポストが目前といわれる映子が、有罪率100%を維持するために紗季に証言の修正を依頼したのではないかという疑惑が浮上。右京と亘が映子に直接その疑惑をぶつけると、彼女は亘の元上司である法務省事務次官の日下部(榎木孝明)を通じて圧力をかけてきた。日下部は亘に、もし棚橋の殺害に国際情勢が絡んできた場合、これ以上事件にかかわると、特命係の存続自体が危ぶまれるというが…!?

“100%の女”に向けられた疑惑の真相は…!?
そして法務省時代の上司である日下部の指示で亘がとった意外な行動とは!?
警察vs検察となった殺人事件に、特命係存続を懸けた右京の推理が冴える!!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0008/

 

事件の証言をする中学校教師田村紗季役を演じる女優の志保さんがとってもかわいくて、ネットで話題になっていますね。

彼女については以下の記事でまとめてあります!

相棒15第8話で中学校教師田村紗希役は志保!かわいい女優の出演ドラマは?
水谷豊さん主演のドラマ「相棒」11月30日放送の第8話「100%の女」は外務省の局長が殺されたために国際問題が絡んでくるという大変そう...

 

以下、次週予告動画です。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xIJszCrSwUs

 

 

殺された棚橋は大使なる予定だったけど

スポンサーリンク

殺された棚橋は大使になる予定だったが、右京たちが棚橋の妻に聞いたところ「知らなかった」と言います。

しかし、右京は「大使になることは妻にとって重要なこと」なので、妻が知らないというのは不自然。妻が嘘をついているのでは??と妻に疑惑を持ちます。

そして棚橋妻と容疑者になった中嶋(松下哲)に関係があったのでは??と睨みます。

すると被疑者の中嶋と棚橋妻が同じスポーツクラブに通っていて、2人の仲が良かったことを突き止めます。

右京たちに捜査令状を取れないので、上手に誘導し、捜査一課の伊丹憲一、芹沢慶二2人を使って捜査をして棚橋妻を警察に呼び2人に不倫関係があったことを証言させます。

真相は棚橋夫妻は長い間仮面夫婦だったので、妻は離婚したかったが、棚橋は離婚してくれなかった。

このことが理由で棚橋妻と中嶋が共犯となって棚橋を殺したのでした。

2人は殺人の目的を不倫だとバレないように、大使に内々定するタイミングに殺して、違う動機であると見せかけようとしたのでした。

 

事件が解決したかに見えたけど・・・

鶴田真由は劣化して老けたの?身長や体重など体型と現在の年齢とは?
結婚、出産を経て昔ほどあまりテレビで見かけなくなった女優の鶴田真由さん。 11月30日放送の相棒15第8話にゲスト出演します。 ...

事件は解決したものの右京は倉田映子(鶴田真由)が証言を変えた件に引っかかります。

そしてまた倉田が資料運びに検事が通常使う風呂敷でなくてバックを使っていることが気になります。

亘(反町隆史)によると、風呂敷の件は倉田映子が以前、事件加害者に襲われた時に、スカーフで首を絞められたことがあって、そのことがきっかけで、同じ形状の風呂敷を使用しなくなったのでは??と言います。

そんな時、右京がサイバー青木に依頼していた、事件現場周辺の監視カメラの解析の結果がきます。

その監視カメラには、近くの繁華街で証言した中学校教師が男子生徒と2人で一緒にいたところが映っていました。教師はこのことがバレないように、証言を変えた可能性があると思います。

 

証言を変えた真相とは?

相棒15浅利陽介が青木年男役でレギュラー?過去の事件エピソードは?
個人的に鑑識の米沢守がいなくなってしまったのが大きな不満の「相棒15」。 この相棒シーズン15に新しいレギュラーが投入されたよう...

真相は、教師は男子生徒からメールで「死にたい」と嘘の呼び出しをカラオケに駆けつけます。

しかし生徒のメールは嘘で、寂しくて誕生日を一緒に過ごして欲しいという理由で、先生はしょうがなく、カラオケで誕生日を2人ですごします。

そのカラオケからの帰り犯人を目撃したのでした。

なので、証言をすることで生徒と2人きりで過ごしたことがバレてしまうと思った中学校教師は「証言を撤回します」と倉田に言います。

しかし、倉田映子は学校から直接帰って来て目撃したことにするために、目撃した場所の証言を変えたのでした。

しかし、教師が証言を撤回すると言ったら、正しい証言をするように説得するか、あるいは、不起訴にすれば良かったのでは?他に何か理由があったのでは??と右京が指摘。そしてある事実を倉田に突き付けます。

2人がカラオケボックスにいたその時刻に、倉田は偶然同じビルにあった心理カウンセリングルームにいたのでした。

以前事件加害者に襲われたことがきっかけで通っていたもので、倉田はこれがバレたら失脚させられるのでは??と恐れたのでした。

弁護士が中学校教師の証言の裏を取ったら、この事実がバレる可能性を恐れていたのでした。

この事実がバレないように倉田映子は証言を変えたのでした。

このことを指摘された倉田映子は「辞表を書きます」といいます。

亘(反町隆史)は「そこまですることはない」と倉田をかばおうとしますが、右京はその決断を受け入れるのでした。

相変わらず右京さん厳しい・・・。亘(反町隆史)の言うように、事件の判定に影響はないので、ここは辞表を書かないように促せばいいのに・・・。

今回のメインテーマは事件の内容というよりも、鶴田真由さん演じる倉田検事が証言を変えたことの背景だったんですね~。

それにしても、右京さん、ブレないですね。。。毎回こういう展開になると「右京さん、今回ばかりは許してあげて!!!」と思ってしまいます(>_<)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です