IQ246第6話の感想はマリアTの正体は中谷美紀!BBAPなど新聞の小ネタは?

7f26b5ecd193b02043fd94985441da6f_s

スポンサーリンク

回を重ねるごとに人気が増しているIQ246~華麗なる事件簿~』ですが、折り返しの6話が放送になりました。

今回は、事件の黒幕「マリアT」の正体が、ついに明らかになるということで気になっている方も多いのではないでしょうか?

それでは、気になる『IQ2466話の感想のまとめをしていきます。

IQ2566話のあらすじとは?

Print
IQ 246の黒幕は安達祐実?メール送信は賢正や土屋太鳳など様々な予想で迷走?
毎回少しずつ姿を見せてくる謎の黒幕が話題の IQ246~華麗なる事件簿。 中谷美紀ころ森本が本命と言われている黒幕13M(マリアT)の...

いつものように屋敷で暇を持て余していた沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞に掲載されていた未解決の殺人事件記事に目を留める。それは3週間ほど前に都内のとある橋の下で鈴木守(今野浩喜)という男が他殺体で発見された記事だった。
周囲から人畜無害で殺される理由が見当たらないと評されていた鈴木守が何故殺されたのか・・・。事件に興味を抱いた沙羅駆は奏子、賢正(ディーン・フジオカ)と共に被害者のアパートを調査に訪れる。

被害者の鈴木守は工場で真面目に働く地味な男で、人柄も誠実で質素な生活を送っていたようだった。そのため警察では怨恨の可能性が見当たらず、通り魔の犯行として捜査を進めていた。だが、沙羅駆は被害者の部屋に残された高価なフィギュアや株の購入を予定していたと思われる資料などから「この事件は連続する」と推理する。

数日後、鈴木守が株購入を相談していた担当者で証券会社勤務の笠原亮次(和田聰宏)が自宅の階段から落下し死亡していたことが判明する。死んだ亮次は返済が滞るほど借金があり、それが原因で別居中の妻・葵(MEGUMI)とは離婚調停中だったが、現場検証では亮次が死ぬ間際、ワインとキャビアを食するほど優雅な生活を送っていたことが判明する。警察が事故死と判断を下そうとする中、いつものように勝手に現場検証に乱入していた沙羅駆は弟の訃報を聞いてやって来たという亮次の兄・壮一(平岳大)に遭遇。壮一の様子を見て興味を抱いた沙羅駆は早速、壮一の自宅を訪ねていく。

壮一は画家だったがコンクールなどの賞にもまったく恵まれず、画廊からも声がかからないいわゆる自称画家で、最近まで経済的には決して恵まれていないようだった。ところが亮次の死と時を同じくして高級マンションに引っ越すなど羽振りの良い様子で……。

引用元 http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/story6.html

 

IQ2566話の感想とは?

IQ246で犯人笠原壮一役の平岳大は結婚して子供はいる?出演ドラマについても
独特な喋り方が特徴な織田祐二さん主演の「IQ246」は最初から犯人が誰かわかっているという手法のドラマです。 11月20日放送の6話では...

今回は、珍しく森本先生スタート!!そして13件目の事件・・・なにか伏線の香りがプンプンしますね。

一方、法門寺家では、沙羅駆が何やら原稿を読んでいます。なんとアンジェリーナ・ジョリーの次回作の映画の脚本。スポンサーの話が来ているようでした。ていうか、沙羅駆はアンジーと知り合いなんですね(笑)最早、法門寺家に出来ないことはないんですね。

6話の事件は、なんと2件の殺人事件が重なる珍しいケースでしたね。

宝くじが当たった男を殺した犯人が、実の兄に殺される。かなり複雑な感じがします。

キンコメ近藤さん、すぐ殺されちゃいましたね。しかも殺す価値がない男って…(笑)言い方(笑)

イラスト縦IQ246華麗なる事件簿の黒幕など犯人予想は?キャストや感想などまとめ
織田裕二さんの独特の演技が話題のTBSの日曜ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿」。 このドラマのキャストや感想、視聴者の評判、また気...

「マリアTが森本朋美ってそのまますぎるし、このタイミングで正体を明かすからにはここからもう一捻りありそう、あって欲しい」

「ダメだ、叫びたい。 脚本ー小ネタに力入れないで話深めて良い役者さん揃えてパロディー観たい訳じゃない小ネタは小ネタであってミステリーの主軸はトリックと心理群像じゃ古畑もtrickがそうであったように」

「賢正 久しぶりのアクションやっぱりカッコいい~来週からの展開も楽しみ」

「マリアTの正体予想通りすぎたから多分これからなんかあるんだろうなあってたのしみ!」

「織田裕二の演じる変な役がどんどん好きになっていく。まさか違和感なくなるだなんて

「本日も、賢正こと、ディーン・フジオカの立ち回りがカッコよかったです♪」

「最初ちょっとクセがあれだったんだけどだいぶ慣れちゃったしディーンフジオカがかっこいい」

「最初はユージ・オダの喋り方に違和感あったけど慣れたらあの喋り方だから成立するんだとオモタ。13の正体はやっぱりかー、と思ったけど裏を読んで双子か二重人格説を推す

リングらせん の頃の中谷美紀っぽい」

「解剖医の中谷美紀さん、愛読書は絶対に江戸川乱歩だろうな。」

IQ246はキャラクターはめっちゃんこ好っきだし素晴らしいから推理路線やめてHANNIBAL方式にしたらいいと思う。そうしなくても好きよ。」

「マリアTやっぱり森本先生だった!沙羅駆さんが襲われてディーン賢正さんが棒を膝で折って犯人を倒すシーンめっちゃかっこ良かった若様のあの姿観たらそりゃあ賢正さん暴走するわな。賢若過ぎる。太鳳ちゃんの牛丼食べたい連呼可愛かった。レインボーブリッジ封鎖かな?」

「中谷さんが、あんなちょい役なのー?もったいない使い方!…って、思ってました!!やだもー!そうだよねー」

「マリアTほんとに中谷さんかな。来週の冒頭はたぶん織田さんを中谷さんが助けるとして、その後も殺人起こるし。マリアT=中谷さんだとしたら、さすがの法門寺も警察に突き出すと思うけど。まさかマリアTとの頭脳比べのためそのままにしておくとか…あの脚本ならないとはいえないかも。」

IQ246で稲垣吾郎は演技が上手くて髭は似合う?登場で視聴者興奮?
最終回が近づき、盛り上がってきたドラマ「IQ246~華麗なる事件簿」。 第8話でSMAPの稲垣吾郎さんがゲスト出演することが話題になっ...

やはり「マリアT」の正体に対してのツイートが多いですね。

途中、囲碁のシーンで顔の中心部分だけボケていましたが、確実に中谷美紀さんでしたし…ネット上で、最有力の人物も中谷美紀さんだったので「やっぱりね!」というツイートが多かったです。

ただ、6話まで見ていて『IQ246』ワールドにどっぷりハマっている方が多くなってきているので、正体がわかった後の展開に期待する声も上がっています。

特に今回の6話では、沙羅駆と森本先生の絡みが確信に触れそうな感じで行われていたので、恐らく沙羅駆は「マリアT」の正体に気づいていた上で捜査協力してもらっていたのではないかと思います。

さらに、多かったツイートは…やはりディーンフジオカさん演じる賢正のアクションシーンですね。2話ほどお預けになっていたので、望む声が多かった分「キタコレ!」的なコメ+「主人がやられて怒った顔も良い」というツイートがひしめき合っていました。

メインゲストの平岳大さんとMEGUMIさんには、申し訳無ですが…完全に「マリアT」の回になってしまいましたね。

 

奏子の持っていたスポーツ新聞がスゴイ!

スポンサーリンク

沙羅駆に「本を読め!」と勧められた奏子は、「読んでます」と反論

沙羅駆が奏子の持っている本を次々に言い当てていきます。その時に、奏子のバックから出てきた新聞がスゴイことになっていました(笑)

「ゲスト的にあるかなと思ってた下町ロケット要素無いなぁと思ってたけどもしかしてこれ…!これは…!全文見たい」

「君の名はじゃなくて… 君の那覇って… 細かい」

IQ246レインボーブリッジ、またまた封鎖。 笑ってしまった。」

「サダノウィンとか咲雷賞とか もう99.9からいろいろ繋がりすぎてて ワクワクする!!!!! とにかく嬉しい 木村監督、高達さんありがとう」

「レインボーブリッジ閉鎖されてるの笑ったw IQ246細かいとこまですごいなー」

「このスポーツ新聞にどれだけの小ネタが隠されているか探すだけでもう楽しい(^^)

「新聞に載ってる穴埋めのクイズ、正解を見ても納得できません。一部のフォントでしか表示できないような問題をだすのはどうかと。」

BBAP大流行 契約結婚をする男女が急上昇 ブッキーとの交際 ボーカル山谷に新恋人?! さすがイジリがすごい笑」

「一時間遅れでIQ246。 サダノウィン、咲雷賞3連覇とったのね! 独走の嵐!偉業達成 99.9%の勝利への周年と0.1%の運が味方! We can make lt! …細かいっ(≧∇≦)

「ほんと毎回小ネタがやばすぎるwwwwwwwww

「新聞記事めっちゃ気になる。「どうして現場に血が流れた」「レインボーブリッジまた封鎖」「黄白歌合戦出演者大予想」「君の那覇。興行190億円突破(具主堅用功監督・ 脚本)」「咲雷賞」「オリンピック総合演出 世界の北林監督辞退」「オスの極み大人」「山城功一被告に有罪判決」」

IQ246第5話の感想は成宮寛貴と真飛聖の相棒恋人パロディに興奮?小ネタも
2016年秋のドラマ話題性№1の『IQ246-華麗なる事件簿-』の5話が放送になりました。 5話のゲストは成宮寛貴(なりみやひろき)さん...

この新聞「マキノスポーツ」スゴイですね(笑)

今話題の『ピコ太郎のPPAP』を始め、『踊る大捜査線』『下町ロケット』『君の名は』『99.9』『逃げるは恥だが役に立つ』『ゲス不倫』『紅白歌合戦』などなど沢山の小ネタが入っていました。

記事をよく読んでいくと、IQ246』の過去の事件の記事や『99.9』の中で起きた事件の記事などもありました。さらに5話のオリンピックの件は、たけしさんっぽい人は辞退したようですね(笑)

恐らく、まだまだ多くの情報が載っていると思われますが、写ったのは一瞬で、全貌が見れなかったので、できればPDF版とかで全面を見てみたいですね(笑)

 

まとめ

7f26b5ecd193b02043fd94985441da6f_s
IQ246第4話の感想は国仲涼子のピアノ曲はAKB48のeverybodyカチューシャ?犯人がかわいい
主演の織田裕二さんの演技にも慣れて、面白くなってきた『IQ246~華麗なる事件簿』の第4話が放送になりました。 今回は、ママ女優とな...

今回、『IQ246』の6話についてまとめてきたわけですが、折り返しに来て衝撃の急展開になりましたね。まさかの中盤で黒幕「マリアT」の正体が明らかになるとは!?

まぁ、このまま終わるとは考えにくいので、新たな展開が始まるのでしょう。

原作??の『シャーロック・ホームズ』では、最後に滝壺に二人で落ちてしまうので、そんな感じになるんですかね(笑)

次週は、「マリアT」は逃亡し、新たな犯罪が起きてしまうようです。

楽しみですね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です