シェフCHEF三ツ星の給食4話の感想は小泉孝太郎と屋台ルールーがむかつく?

スポンサーリンク

天海祐希さんの1年ぶりの主演ドラマChef~三ツ星の給食~』の4話が放送になりました。

3話までで、自分が働けるレストランが存在しないことを痛感した光子は、三星シェフとしてお客様に「最高に美味しい料理」を提供するために次なる手を打ってきます。

個人的には酔っ払い役のずんの飯尾さんがつぼの回でした(笑)

気になる4話の展開は?あらすじのネタバレと感想をまとめていきます。

シェフCHEF三ツ星の給食4話のあらすじとは?

シェフ三ツ星の給食の川口春奈は娘役?かわいいけど場違いな存在に違和感?
シェフChef~三ツ星の給食~は光子(天海祐希)が給食作りに本気を出して面白くなってきました。 そんな中、気になるのが給食室でアル...

三ツ星を取り戻すために自分の店を作る、と宣言した光子(天海祐希)は、大工さながらに角材を切り落とし、クギを打ち付けていく。翌朝、光子は、晴子(川口春奈)、小松(荒川良々)らに、自分の店ができた、と誇らしげに言う。

呼び出された早紀(友近)らテレビクルーや、荒木(遠藤憲一)ら給食チームも見守るなか、光子が披露したのは、「シェ ミツコ」という店名と三ツ星が手書きされた看板の付いた屋台だった。三ツ星の料理が屋台で食べられるのだ、と自信満々の光子。昼は給食を作り、夜は屋台でフレンチを出すと言う。

一方、荒木は献立作りに頭を悩ませていた。食品構成上、豆料理をメニューに組み込まなければならないが、豆を使った料理は子供に不人気で残食率が高くなるからだ。晴子は、光子ならどんな豆料理を作るだろうか、とつぶやいた。

光子は、屋台でも最高の料理を出すべく準備を進め、ついに店をオープンさせた。ところが、宣伝不足や1万5000円のお任せコースのみという設定もあり、いくら待っても客が来ない。初日は、酔っ払いのサラリーマン・迫田(飯尾和樹)だけだった。さらに数日経っても、店はガラガラの状態が続く。その様子をみて早紀(友近)はあることを思いつく。一方、篠田(小泉孝太郎)は、シェフ・奥寺(豊原功補)のもと再開した「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の経営が順調であることに満足しながらも光子の屋台の様子が気になっていた…。

数日後の朝、光子は荒木が決めた「五目豆とじゃがいもの煮込み」を、最高に美味しくする方法を見つけた、と目を輝かせる。

引用元 http://www.fujitv.co.jp/Chef/story/index.html

 

シェフCHEF三ツ星の給食4話の感想とは?

小泉孝太郎は結婚してるの?歴代彼女情報についても
何年経ってもイケメン俳優として幅広い年齢層の方から人気の小泉孝太郎(こいずみこうたろう)さん。 現在、毎週木曜22時からのドラ...

どんな妨害にあっても、諦めない光子は、屋台でフレンチのフルコースを出そうと考えました。

屋台を自作し、食材も自分で仕入れて、自宅で意気揚々と料理を作ります。美味しそうな料理が次々とできあがるのですが、鮮やかな手際は他の人の可能性を感じてしまいました(笑)手元からパンして顔映る時の手つきはあまり鮮やかじゃないんですよね~もしかして…替え玉?

屋台でフレンチのフルコースが…¥15,000とは、フレンチのフルコースだけなら安いと思いますが、屋台では高すぎますよね。よっぽど評判があるところ出ない限り無茶でしょ(笑)『俺のフレンチ』ですら、もっとリーズナブル。お店構えてるのに…。

そんなこんなで、初めてのお客さんは、酔っ払った「ずんの飯尾」さん。酔っぱらい演技がすでに持ちネタ。いい味出してました(笑)「ボッタクリだろ」と叫びながら食い逃げしちゃいました。

高すぎるため、閑古鳥が鳴いています。

「話から見始めたけど フジの『Chef~三ツ星の給食~』 楽しくなってまいりました!

面白くなってきましたね」

「なにが出てくるかわからないそれが三ツ星シェフの「究極の給食」」

「この学校は栄養士いないの?面白いから観るけどな(笑)Chef~三ツ星の給食~」

「美味しい料理 のドラマ 見れるっていう 幸せと 頑張る 目標持って 働く女性 って キラキラしてて 楽しんでて なんか憧れるなぁ 〜」

「面白いねというか、美味しいものを食べたくなるね

「「Chef 〜三ツ星の給食〜」、今週は、かなぴょんの出番がなかった」

Chef~三ツ星の給食~面白くなってきた。星野シェフ頑張って!てか、篠田章吾(小泉孝太郎)ムカつく〜(-“-)

「今日の話も最高に面白かった 屋台でフルしかも15000だったら行くよ! けど,屋台にもルールがあるんだね 勉強になった」

「久々ドラマでヒットしましたフレンチたべにいきたくなる夜」

「最っ高に面白い!! 今週も幸せな時間をありがとう。」

chefの光子さん精神力強すぎだよぉ…」

「給食やそのルールとか色々吸収してパワーアップした彼女のお店を作っていただき、是非、光子さんには三ツ星シェフに返り咲いて欲しいです」

シェフCHEF三ツ星の給食2話の感想!悪役小泉孝太郎のサンドバックが面白い?
第1話の視聴率が不調だった天海祐希さん主演のドラマ「Chef~三ツ星の給食~」。 第2話は、天才シェフが真剣に給食に取り組むこと...

しかし、矢口早紀(友近)の制作している光子の番組で「次の挑戦は、屋台でフレンチ」と紹介されると、噂を聞きつけた客が、行列を作るようになりました。

順調に、屋台営業を始めることが出来た光子の元に、例のごとく篠田(小泉孝太郎)がやってきます。フルコースを食べ、嫌味のごとく称賛の声を上げた後、警察が来て、営業禁止を言い渡されてしまいます。

コレも篠田が通報したんでしょうね。ほんと器のちっちゃい男!!この小泉さんは、相当イメージダウンですよね。悔しくてサンドバック叩くとか、なんか気持ち悪い。腐った根性の持ち主がオーナーとか、考えただけでも行きたくないレストランです。

そして、今回の注目の給食は「青のりポテトビーンズ」です。簡単に言うと、豆とポテトをカリッと揚げて青のりをかけたヤツです。子供が嫌う豆の煮込みを、のり塩のポテチ風味に変換した料理で、子供たちに高評価でした。

コメントにもあるように、このドラマを見ていると…美味しい物食べたくなりますよおね。ただ、学校の給食が題材になっているので、もう少し懐かしの学校給食なんかも出してもらえると、もっと楽しめる気がします。

それと、光子がこだわる「最高のおいしい」に便乗して「最高に面白い」とコメントしている方もいて、「あっ」と思ってしまいました(笑)

 

シェフCHEF三ツ星の給食4話でフレンチのフルコースの屋台とは?

スポンサーリンク

レストランでシェフとして働く希望を絶たれてしまった光子ですが、ただでは終わりません。

突然、どこから調達してきたのか木を切りはじめ、組み立てて、色を塗り…いつの間にかリアカーの屋台が完成していました。

給食の仕事は続けながら、夜は屋台でフレンチのフルコースを提供しようと考えたわけですね。

屋台でフレンチのフルコースが…¥15,000で味わえるとは、、最高に美味しいフレンチならありかもしれませんが…あくまでも外で食べる食事に¥15,000は高いですね。フレンチって、場の高級感とかも味わえての金額設定で、料理だけの金額じゃないし(汗)

案の定、初めは全くお客さんが来ませんでした。唯一のお客さんは、ボッタクリだと食い逃げ!!

それでも、番組で紹介されると、なんと行列が出来るまでになったのですが…この状況を快く思わないフレンチレストラン「La Cuisine de La reine」オーナーの篠田章吾は、またしても嫌がらせをしてきます。

屋台のルールは、営業許可を受けて、一品料理しか出せないので、フレンチのフルコースなどはもってのほか!ルールを破っていると警察に通報します。

光子の屋台は、規則違反で営業停止処分を受けてしまいました。

それにしても、屋台ルールにそんなものがあるなんて、目から鱗でした。ある意味勉強になりました(笑)

フルコースだっていいじゃん!むかつくと思いながらもきちんと考えられたルールだと思うのでしょうがないですね。

諦めきれない光子は、ルールを知り試行錯誤するが良い答えが出ないまま悶々としています。そこへ助け舟を出したのは…まさかの荒木平介(遠藤憲一)給食センターでは、犬猿の仲のように対立している荒木ですが、自身もかつては、屋台で唐揚げ1つで勝負し、居酒屋をオープンするところまで成長させていました。

荒木は、自分の作った唐揚げを光子に食べさせて、ヒントを与えます。

そのヒントを元に心機一転、一品料理で屋台を再開させようとした光子ですが、ここでも篠田の嫌がらせが入り、市場の人間に圧力をかけ光子に食材を売らないようにしてしまいます。

食材がなければ、料理をつくることが出来ない!屋台が出来ない!光子はこの危機をどう乗り越えていくのでしょうか?

今後の展開が気になるところですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です