IQ246第3話の感想はマリアTことモリアーティは鈴木保奈美?賢正の私服に萌え

スポンサーリンク

色々と賛否両論はあるものの、蓋を開けてみれば高視聴率の『IQ246~華麗なる事件簿』ですが、第3話が放送になりました。

予告で、ディーン・フジオカさん演じる賢正の回になると話題になっていますが、3話の感想をまとめていきます。

さらに、賢正の私服の公開があるようなので、私服の評価も書いていきます。

またラストの謎の「マリアT」ことモリアーティについてもまとめてみました。

IQ2463話のあらすじとは?

IQ246第4話の感想は国仲涼子のピアノ曲はAKB48のeverybodyカチューシャ?犯人がかわいい
主演の織田裕二さんの演技にも慣れて、面白くなってきた『IQ246~華麗なる事件簿』の第4話が放送になりました。 今回は、ママ女優とな...

沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店で女磨きに励む瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行った先で、賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会する。
美晴は近頃カリスマ主婦モデルとして活躍しており、しかも夫は不動産会社を経営するやり手の社長・滝乃川隆文(高木渉)ということで、世間の女性たちがうらやむセレブ生活を送っていた。 久々の再会に、お互い感慨深げに喜ぶ賢正と美晴。二人は近いうちにまた会おうと連絡先を交わして互いにその場を後にする。
ところが、数日経ったある夜。美晴の夫・隆文が自宅の書斎で刺殺される事件が起こる。犯人は隆文との間で金銭トラブルを起こしていた工場の経営者・下村辰也(岡田浩暉)で、なんと下村も隆文の傍らで頭から血を流して絶命していた。第一発見者である美晴の証言と現場の状況証拠から、事件は隆文を逆恨みした下村が滝乃川家に侵入し、隆文に襲い掛かって刺殺。その際もみ合った拍子に下村も花瓶で頭を殴られて死亡したと判断される。

自宅で巻き起こった突然の悲劇により幸せなセレブ生活が一変する美晴の身を案じる賢正。しかし、沙羅駆は美晴の不可解な言動に疑念を抱き始める……。
そんな沙羅駆に対し賢正は美晴を擁護。美晴を巡り、沙羅駆と賢正との間に亀裂が生まれてしまう。

引用元 http://www.tbs.co.jp/IQ246/story/story3.html

 

IQ2463話の感想とは?

223030IQ246 で織田裕二の演技や話し方の評判は?声が変で気持ち悪い?
 先日、1話が放送になった『IQ246ですが、事前の告知CM等でも話題に上がっていた主演・織田裕二さんの話し方。 実際に放送になってご覧...

さて、IQ2463話のストーリーは、観月ありささん演じる滝乃川美晴が犯人なんですね。

不倫されて、家も財産も奪われて捨てられることを恐れた犯行のようですが、本人もカリスマ主婦モデルとして活動しているのですから殺すほどのことでもないような気がしますが…それなりに裕福には暮らしていけると思いますよね(笑)

そして、今回も事件のスイッチを押す沙羅駆の「どこかに、私が得に値するなぞはないものだろうか?」が発動します。

もしかしたら、13』は沙羅駆の暇つぶしの手伝いをしているのではないか?と思うタイミングでメールを送っています。だとすれば…沙羅駆の身近の人間が『13なんでしょうか?

美晴は『13』の指示通り、夫の隆文と実行犯の下村辰也をもみ合った末にお互いが相打ちになったように犯行を行います。

美晴は、幼馴染の賢正に助けを求めえます。事件の推理に入る沙羅駆。

しかし、隆文は前から刺されていて、下村は後ろから花瓶で頭を打たれている。ということは第3者の犯行だとすぐわかりそうな感じですが…(笑)

学生時代に美晴と付き合っていて味方をしたい賢正は、美晴に対して疑いの目を向ける沙羅駆に反抗してしまいお暇を言い渡されてしまいます。

沙羅駆と賢正がいがみ合いをする中、沙羅駆の推理はどんどん進んでいきます。とは言っても、沙羅駆は、美晴が犯人だということは十中八九わかっているのでしょうけど…(笑)

IQ246でディーンフジオカのメガネ執事姿がかっこいい!演技の評価は上手い?
2016年秋の新ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』に出演中のディーン・フジオカさん。 89代目賢正として、主役の法門寺沙羅駆(織田裕二...

「サスペンスかと考えていけば確かに犯人側のドロドロした人間関係や取ってつけたような相関図や動機はサスペンスドラマにありがちで、カメラワークも二時間サスペンスのようなものをまま見受けられる。が、そこにメインキャラたちがそぐわない為サスペンスではない印象を受ける。」

「タオちゃん…なんか行動が可愛い♫」

IQ246、織田裕二の芝居がもうクセになって見逃せなくなってしまった(^_^*)

「全体的にすごかったけど、2016年なのに何だろう、こと恋愛方面について全部いろいろセリフで説明するスタイルすごく懐かしい…ディーン氏とか主従が好きな方には楽しめる感じ…なのか…?あとキャラ立てのため?とは言え織田裕二氏はフツウに喋ったほうがいいと思いました」

「賢正様と若の愛が再確認出来た回でしたな」

「今日もIQ246最高やた 推理ドラマわ面白いねー」

「これ、おもろいわ〜! ちょっとトリックが古いとこはあるけど(笑) それを埋めるだけの織田裕二さんのキャラが新鮮。 で、ディーン・フジオカさんてめっちゃかっこええ…」

「もし朋美さんがMだとしたら、沙羅駆は正体に気づいてるのかな?IQ246もあったら気づくかな?だとしたら、あの監察医の部屋の空間こわいな♡もしものお話だけど

織田さん、かっこよすぎ! ラスト、一仕事、終えた後の、ウィスキー?かな、渋く 飲みたくなっちゃうから、不思議ですね。 今から、シリーズ化、期待してます。」

「だんだん全体的にしゃらくに違和感を感じなくなってる感じ最高です」

「賢正と若にはどんな馴れ初めがあるのかな…崇高な関係… とは…」

「今週のIQ246 ラストに モリアーティーってセリフが… そのまま 森本朋美なのかな?」

織田裕二の演技って下手なの?上手いのか評価と出演ドラマと視聴率一覧!
2016年秋の新ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』で、3年ぶりの連ドラ主演を務めることになった織田裕二さん。 さまざまなドラマや映画...

おっ織田裕二さんの演技に慣れてきたというコメントがチラホラ出てきましたね。さすがに初回から見ている人には、受け入れられているようですね。それどころか、ややクセになってきている方もいるようです。

さらに、3話では度々素に戻るシーンがあって、「THE 織田裕二」の演技が垣間見えていました。コメントにもあるように、ラストのウィスキーを飲むシーンで、一口で飲み干してからの「ゔ~ん」がスゴく渋くてカッコ良かったですね。それと分かる人は分かる「勝手にしたまえ!」もう、やっぱり織田裕二だな~と思ったシーンでした。

ディーン・フジオカさんはカッコいいけど、織田裕二さんの一言の厚みが違うなと思わせてくれました。

3話で明かされたもう一つの真実と言うか、疑問と言うか…『沙羅駆と賢正のホモ疑惑!』森本朋美(中谷美紀)が正直にぶっこんだのには笑いました。「二人はもっと崇高な関係」って言ってたけど…どういうこと?今後明かされるんでしょうね(笑)

最終的には仲直りと言うか元々二人共演技をしていたので、仲違いしていたわけではありませんが、何処で美晴が犯人だと分かったのか思い返してみると…始めからですね。事件が起きて、賢正に美晴が電話して実況見分に来た時には分かっていたのでしょう。

その証拠に、盗聴器が仕掛けられていることも、美晴の対応がおかしいことも分かっていましたしね。

こんなに早い段階で犯人がわかっているのに、暇つぶしになるのか疑問ですが…(笑)

 

IQ246の賢正の私服の評判とは?

スポンサーリンク

滝乃川美晴に味方することによって、沙羅駆に永久的にお暇を言い渡されてしまった賢正は、法門寺家を出ることになりました。

執事ではなくなった賢正は、仕事着であるスーツ姿ではなく、私服で美晴とあっていたのですが、この私服姿のギャップがかなり話題になっています。

「賢正様とっても素敵でした満足度100%!」

「眼鏡外しとるディーンさんイケメンすぎて。」

「ドキドキキュンキュンしましたーIQさんはディーンさんの使い方ファンの心よくご存知で」

IQ246毎週観てるけど毎回ディーンフジオカのとってつけたようなアクションいるかね?見せ場なんだろうけど。それにしても完璧なイケメンですね。」

「今回のIQ246 完全おでぃーんの回だったよね」

「ステキです何を着ていても、カッコいいですメガネが少ない賢正様でしたね」

「たいていの俳優は観月ありさと並ぶといろんな意味で残念なことになるのだが、さすがディーンフジオカはスタイルの良さにおいても別格だった」

「いつもカッチリな賢正さんのラフな感じいいね~~かっこいな~~」

「よく似合ってました(>ω<)~♡」

「胸筋すごかったね」

「おディーン様の前髪にドキドキの回♡♡ はぁ~♡♡若く見えるん(*´艸`)キャ」

「今回が、一番ドキドキハラハラしていました」

「ディーン様のかっこよさに惚れ惚れした一時間だった」

「白いシャツとニットを纏ったディーンさんの胸板の厚みが素晴らしかったので、もっと活かして欲しいです。」

IQ246で妹瞳役のかわいい子は新川優愛!話題の号泣シーンや出演ドラマは?
話題のドラマや映画でご活躍中の新川優愛(しんかわあゆ)さん。織田裕二さん主演のドラマ日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』で織田裕...

まずは、執事・賢正との違いから上げてみましょう

・パリッとしたネイビーのスーツ姿→純白のTシャツにライトグレーのニットコーディガン、スキニーデニム

・前髪を上げた横分けヘアスタイル→ナチュラルに前髪を降ろして流したヘアスタイル

・真面目そうなメガメスタイル→メガネを外している

大分変えてきていますね。と言うか、普段のディーンさんなんだと思いますが…(汗)

執事でかなりパリッとした格好をしているからこそのギャップ萌えですね(笑)

それと、かなりビックリしたのは観月ありささんとのツーショット。競技場で遠巻きに撮ている映像のインパクトです。元祖9頭身美人として知られる観月ありささんと並んでも全く見劣りしない。それどころがディーンさんも9頭身くらいありますよね。

こんな二人とすれ違ったら振り返らざるおえないですね。

マリア.Tはモリアーティ?

IQ246第2話の感想は黒幕13のm でメール送信者は中谷美紀?デスノートのパクリ
前回の1話で色んな意味で話題を総なめにした『IQ246~華麗なる事件簿~』ですが、早速2話が放送されました。 そこで、『IQ246』の2話の...

ドラマのラストでの織田裕二さんのセリフ。

「ドブネズミみたいにこそこそと這い回らす、本当の姿をみせたらどうだ?マリアT!」

マリアTが監視していることをわかっての発言ですね。そして「マリアT」ってことは「モリアーティ」のオマージュ?と思った人が多いと思います。

モリアーティは「シャーロック・ホームズシリーズ」に登場するモリアーティ教授のことですね。高い知能を持つ教授でありながら、犯罪者という裏の顔を持つ犯罪の天才。やっぱり、シャーロックを意識してのストーリーなんですね。

モリアーティはいつも姿を見せずに存在感は強く残すっていうキャラ。まんまですね(笑)

そこで気になるのが「IQ246」のモリアーティは誰?ってこと。ネットでは中谷美紀さんという説が有力ですが、初回に「振り返れば奴がいる」の石黒賢さんが出演したので、まさかの「東京ラブストーリー」の鈴木保奈美さん?という無茶な予想を立てている人も。

でもこれが実現したら、かなりのインパクトですね。今後のキャスティングにも注目です!

 

まとめ

IQ246で刑事山田次郎役は宮尾俊太郎!真矢みきや北川景子と熱愛経験あり?
日曜劇場の新ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」では主演の織田祐二さんが演じる法門寺沙 羅駆に振り回される刑事で山田次郎役を演じる...

3話の放送で、織田裕二さんの演技にも慣れてきて、大分認められてきた感のある『IQ246』ですが、『13』含め徐々に真相が見えれくるのではないでしょうか。

事件については一話完結ですが、沙羅駆VS13の戦いから目が離せませんね。

次回は国仲涼子さん演じるピアニスト・二本松由里が犯人のストーリーのようなので非常に楽しみです。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • デイーンさんが素敵で見てますが、IQ246にしては、最初から犯人わかってるし、それ程の推理も無い。
    喋り方だけに頼っても、ただ変なだけ。
    もっと、脚本考えてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です